事故車 内容

事故車についての詳しい内容

事故車についての詳しい内容について調べてみました。事故車とは通常私たちが思うのは事故を起こしたらもう事故車ですよね。そこで本当の事故車についての定義とはなんでしょうか。事故車の定義は公取協、日査協、中販連などが統一して定めているのが、車の基本骨格部位を交換あるいは修復した車両は、痕跡により価値の減価が発生しますと決めています。ではどの部位だと事故車ではなくて、どの部分を修復すれば事故車に該当するのか見てみましょう。交換、修復すると事故車になる部位はフレーム類、バックパネル、ピラー類、インサイドパネル類、ルーフパネル類、ラジエータコアサポート、ダッシュパネル類の事を言います。
事故車についての詳しい内容として今度は交換や修復しても事故車とはならない部位です。まずはドアです。更にフロントバンパー、ボンネット、リアバンパー、フロントフェンダーなどです。どの部位も車にとっては大事な部分となりますね。
以上のように事故車についての定義はとても細かく定められています。事故車についての詳しい内容についてはまだまだ基準というのは存在しますが、まずは査定時事故を起こした事をしっかりと申告して査定士に判断してもらうのがいいでしょうね。