車買取 減額

車買取での減額について

車買取での減額についてですが、車買取の契約後に買取価格を減額されるということが発生するそうです。
車買取で減額される理由としては、車を引き渡し後に事故の修理をした跡を見つけた、走行中異音がする、車の傷がひどい。。。などです。
こういったトラブルに合わないためにはどうしたらいいか?

 

まず、買い取ってもらう車に修復歴や調子が悪いところがある場合は、買取査定の際にしっかりと査定士に伝えましょう。
もし買取査定の際に気づかれなくても、後々、車をじっくり見られるとわかってしまうことです。
そうなると、減額対象になることは十分に考えられます。 黙っていても、結局損をするのは自分になってしまいます。
車買取での減額とならないよう、車の状態などはしっかりと査定士に伝えておきましょう。

 

最近では、車買取業者もたくさん増えていますが、中には悪徳な業者もいるようです。
買取価格の支払期日がすぎても入金されていなかったり、査定時に車に傷をつけられたり、最初の見積もりで高値だったので実際に車を見てもらったら、いろいろと減額された、などといったトラブルが発生しています。
車買取の際には、車買取業者を利用した人の口コミや評判をチェックして業者を選んでみるといいでしょう。