個人売買 車を売る

個人売買で車を売る時に注意すべきこと

個人売買で車を売る時に注意すべきことは、車の引渡しと代金の引き取りのタイミングです。

 

個人売買で車を売る時は、引渡しと受け取りを同時に行うのが基本で、遠方の相手との取引などの場合で同時渡しが難しい時は、車を引き渡す時に書類を手元に残して先に車だけを送り、料金の支払いがあった後、残りの書類を郵送するようにするのがコツです。
先に車を送る場合、リスクがあるので、先に完全に引き渡すことが無いよう注意しなければいけません。また、個人売買の場合、トラブル防止のため、必ず契約書を作る必要があります。契約書には、引渡後の故障その他トラブルに関しては、売主はいかなる場合も一切責任は負わないものとする旨を明記します。

 

そして、売る車については、現状を最優先として、引渡後に売主の説明との相違や錯誤が発覚した場合でも、売主はいかなる場合も一切責任は負わないものとすることも記載しておく必要があります。また、万が一、買主が名義変更を期日までに行わない場合、売主は名義変更保証金を全額没収した上で契約を解除し、返還を請求できるものとする旨を明記しておくべきです。