車買取 書類

車買取に必要な書類

車を買い取ってもらうことが決まったら、契約の手続きをすることになります。
車買取に必要な書類とは、車検証(自動車検査証)、自賠責保険加入証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録証明書、リサイクル券、委任状、譲渡証明書などです。

 

車検証や自賠責保険加入証明書は公道を走る際、車載が義務付けられているので、車のグローブボックスなどに保管されていると思いますが、万が一紛失してしまった場合は再発行をしてもらう必要があります。 印鑑登録証明書は実印が登録された印鑑であることを証明するものですが、印鑑登録をまだしていない場合は、住所を管轄する役場で印鑑登録を済ませてしまいましょう。

 

委任状、譲渡証明書は新たに作成する書類なので、自分で用意する必要はありません。 車検証の氏名や住所が変更している場合は住民票や戸籍謄本などが必要になります。
軽自動車を買い取ってもらう場合、印鑑は実印ではなく認印でも可能です。

 

そのため、印鑑登録証明書も必要ありません。
名義変更も普通自動車とは異なるため、委任状、譲渡証明書は必要なく、自動車検査証記入申請書が必要となります。
車買取に必要な書類をあらかじめ用意しておくと、買取手続きがスムーズに行えます。