車 買取 トラブル

車の買取時に起こりやすいトラブル

車の買取時に起こりやすいトラブルと言えば、査定時に車に傷をつけられるトラブルがあります。

 

査定を依頼する前、自身で車体のキズを確認してから査定に出さないと、思いがけないキズでトラブルになることがよくあります。それは、業者が持ち帰ったりする時によく起こり、預かった時点でキズはあったという一言で逃げられてしまう可能性があります。
他にも、契約上のトラブルがよくあり、買取時の価格の減額要求トラブルや、自動車税、重量税、自賠責トラブル、解約違約金トラブル、必要書類や名義変更上でのトラブル、代金支払いのトラブルなどがあります。

 

車の買取時には、必要書類が揃ってないことで起こるトラブルは多く、よく忘れやすいのが自動車納税証明書です。
これがないと売却できません。自賠責保険証も忘れやすい書類なので注意が必要です。書類は再交付できますが、売却後に判明するとトラブルになるので、事前にきちんと準備しておかなくてはなりません。
車は大抵がローンで購入なので、所有権が解除できないトラブルも起こりやすいです。ローンを完済するまで所有権はディーラーや信販会社にあることを忘れ、いざ、自分名義のつもりで車を売ろうとした際、所有権が移せないというトラブルに巻き込まれることがよくあります。