ローン 車売却

ローンが残っている場合の車売却について

ローンが残っている場合の車売却についてですが、ローンが残っている場合でも車を売却することができます。
ローンが残っている場合でも買取ってくれる車買取業者があるので、まずは買取査定を依頼してみましょう。

 

車をローンを組んで購入した場合、車検証の所有者欄が販売店になっていることがあります。
その場合、ローンを完済して自分名義にしてからでないと、車を売却することができません。
そこで買取金額をローンの残債に充て、一括返済するのです。

 

買取金額がローンの残債を上回っている場合、差し引いた金額がもらえ、買取金額がローンの残債を下回っている場合は、不足分を車買取業者へ現金で支払うことになります。

 

不足分を現金で支払うことができない場合は、新たにローンを組んで支払うことになります。
また、ローンが残っている車を乗り換える場合は、次に乗る車の代金と不足分を合わせて、新たにローンを組むという方法もあります。
車のローンの支払いが困難になった時は、車買取業者に連絡して、車売却を考えてみてはいかがでしょうか?
また、転勤などでローンが残っている車が不要になった場合も、車を買取ってもらうことができるので、車買取業者に相談してみましょう。