車を売る時のキズについて

車を売る時のキズについて

自動車を日常的に使用していると稀にキズがついてしまうこともあるかと思います。
小さな擦りキズ程度であれば自分で治すこともできますが板金修理が必要な程大きなヘコみやキズともなれば修理費もバカにならないものとなってしまうでしょう。そしてこういったキズは売却するにあたり査定に大きな要因となることもあるので気になる方も多いのではないでしょうか。

 

もちろんこういったキズは査定にマイナスの評価となり売却金額が減少してしまいます。当然ながら綺麗な自動車であれば査定でマイナスの評価をされることはないので自分で治せそうな簡単なキズであれば治してしまいましょう。

 

中にはコンパウンドを使う方もいらっしゃるかと思いますが素人が下手にコンパウンドで磨いてしまうと逆に塗装にムラができてしまいこともありマイナスの評価がつくリスクもありますので注意して下さい。大きなキズに関しては汚れを拭き取るくらいでそのまま査定に出したほうがよいとされます。これは前述した通り修理代がかかってしまうので売却金額と修理代の差し引きを考慮した場合に得になることが少ないとされるからです。