軽自動車と普通車の買取りについて

軽自動車と普通車の買取りについて

軽自動車と普通車の買取りの場合、実は軽自動車の方が買い手が付きやすく思ったよりも高価買取をしてもらうことができた。という方が多いそうです。

 

もともと軽自動車の場合には購入価格が低めなので、普通車にくらべれば査定金額は低めにはなりますが、それでも同程度の普通車にくらべると軽自動車の方が評価が下がりにくいそうです。
普通車は例えば新車購入価格が500万円といった自動車であっても、3年後に買い取り査定に出してみたら半値以下だったということがありますが、軽自動車の場合には、120万円の車が60万円まで下がるということは少ないそうです。

 

理由としては軽自動車は人気で、中古車市場では品薄になっているからだそうです。つまり、需要があるのに供給が追い付いていないために買取価格は高めになるということです。状態が良い軽自動車であれば高価買取につても十分の望むことが出来るそうです。高価買取を望むときにはできるだけ多くの業者に査定をしてもらうことが重要になってきます。一括査定サイトなどを利用してみると簡単で良いのではないでしょうか。